日記
既存住宅売買瑕疵保険 「マンション用の戸単位タイプ」を利用

マンションの取引では、マンション全体の内の一部屋を売買するわけですが、上記の検査個所は主に共用部分の話しです。
仮に、検査で指摘事項がでたとしても、一部屋の所有者が勝手にマンションの外壁を補修するわけにはいきません。
つまり、前回の記事のように売主側と調整うんぬんの話しではなく、そもそも是正工事を行なうことができない可能性が高いということです。

これがマンションならではの注意点の1つです。

よって、築25年超(マンションは耐火構造なので)のマンションの購入を検討する時には、住宅ローン控除等が利用できるよう、「瑕疵保険検査は通りそうな物件か?」を意識しながら内見もしなければいけませんし、状況によっては、「耐震基準適合証明書」取得の動きを並行で進めておく必要があります。

投稿日:2018/11/22   投稿者:-